ロレックスの概要
ロレックス

ロレックスの概要




●1878年・・・ジャン・エグラーがビエンヌに時計製造会社を設立。
●1881年3月22日・・・創業者ハンス・ウィルスドルフ(Hans Wilsdorf)がドイツのデュッセルドルフ州クルムバッハに誕生。青年時代はクルムバッハの広場で祖父の開いた花屋を経営していた。
●1900年・・・ハンス・ウィルスドルフがスイスのラ・ショー=ド=フォンにあるクリオ・コンテン社に入社、イギリスへ時計を輸出する仕事に就く。
●1903年・・・ハンス・ウィルスドルフがイギリスのロンドンに移る。クリオ・コンテン社による異動とも言われるが定かではない。
●1905年・・・ロンドンのハットンガーデン86番地に義兄弟デイビスとともにウィルスドルフ&デイビス社を設立、当初は時計商社でありジャン・エグラー社の機械を輸入して時計を製造販売した。
●1907年・・・スイスのラ・ショー=ド=フォン、レオポルド通りロバート9番地に事務所を開設。
●1908年7月2日・・・どこの言葉で読んでも同じ発音になるように考えられた造語「ロレックス」をラ・ショー=ド=フォンで商標登録。
●1910年3月22日・・・腕時計として世界で初めてスイス時計製造協会のクロノメーター認定に合格。
●1912年・・・イギリス植民地への輸出業務をビエンヌに移転。ジャン・エグラー社がRolex Watch Co Aegler S.A.に改名する。
●1914年・・・本社をスイスのビエンヌに移転。
●1920年1月27日・・・スイスのジュネーブ、マルシェ通り18番地にMontres Rolex S.A.設立。
●1926年・・・王冠のトレードマークを使い始める。
●1926年10月28日・・・オイスターケースの特許を申請。
●1927年9月21日・・・捻じ込み式竜頭の特許を取得。
●1927年・・・この年からダイアル、ケース、ムーブメントの全てにロレックスの銘が入る。メルセデス・グライツが遠泳でドーバー海峡を横断、その際ロレックスオイスターを使用し世界の注目を集める。
●1933年・・・パーペチュアル機構の特許を取得。
●1945年・・・デイトジャスト機構の特許を取得。
●1945年・・・デイトジャストとデイトを発売。
●1953年・・・エクスプローラー発売。
●1953年・・・サブマリーナー発売。
●1954年・・・GMTマスター発売。
●1960年・・・ハンス・ウィルスドルフ死去。
●1961年・・・オイスターコスモグラフディトナ発売。
●1971年・・・シードウェラー発売。
●1972年・・・エクスプローラーII発売。
●1972年・・・オイスタークォーツ発売。
●1983年・・・GMTマスターII発売。
●1992年・・・ヨットマスター発売。

(ウィキペディアフリー百科事典引用)



Copyright(C) 2008〜

激安!ロレックス
腕時計通販!


ロレックスの概要
[PR] パワーカーン/ チャトレ/ 出会い