スポーツ系モデル
ロレックス

スポーツ系モデル




【スポーツ系モデル】
●エクスプローラーI
 エクスプローラーI(Explorer I)は三針式、日付なし、黒文字盤の同社のスポーツモデルのさきがけとなった製品。エドモンド・ヒラリーのエベレスト初登頂時に用いられたとする資料が多いが、実際にその時使用されていたかどうかは定かではない。ヒラリーはその後広告に使われ、このモデルも探検家用モデルとして有名になった。後述する1960年頃の一部のモデルを除き蛍光塗料によって針や文字盤表示が塗られており、暗いところでも時間の確認が容易である。現行モデルでは、すべての製品がクロノメーターの認定を受けている。一般的に良く知られるモデルの他に、当時のエアキング及びパーペチュアルデイトに酷似したデザインの黒・白・金色文字盤でステンレスやコンビのケースを使用したカレンダー付きモデルであるエクスプローラーデイト(Explorer Date)も1960年頃の北米市場限定モデルとして極少数だけ存在する。更に通常のモデルと同じデザインと素材でありながら一回り小さなボーイズサイズも極限られた市場向けに少数存在した。これらのイレギュラーモデルは全てノンクロノメーターである。

●エクスプローラーII
 エクスプローラーII(Explorer II)は時針分針秒針24時間針の四針式、3時の位置に日付のあるモデル。洞窟探検家用とされ、24時間針によって日光が遮られ昼夜の区別がつかない場所でも昼夜を判断できる。現行モデルではすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。ラインホルト・メスナーが1980年にエベレスト単独無酸素登頂を達成した時に使われたとする資料が多いが、実際にこの時使われていたのはオイスタークォーツ(Oyster Quartz)である。

●サブマリーナー
 サブマリーナー(Submariner)は三針式、回転ベゼルを有するモデル。日付ありのものとなしのものがあり、日付ありのものにはサイクロプスレンズがついている。潜水作業用の時計で防水性能が高い。現行モデルでは30気圧防水。回転ベゼルは潜水作業中に潜水時間を簡単に測定できるようになっている。現行モデルは、ノンデイト、デイトともにクロノメーター認定を受けている。

●シードウェラー
 シードウェラー(Sea-Dweller)はサブマリーナーの派生モデルで外見上もサブマリーナーと酷似している。三針式で回転ベゼルを有する。日付はあるがサイクロプスレンズはついていない。サブマリーナーが対応しているよりもさらに深い海へ潜る際に行われる飽和潜水に対応しており、ヘリウムガスを抜くためのバルブがケースの9時位置についている。防水性能は100気圧防水。現行モデルはすべての製品がクロノメーター認定を受けている。

●GMTマスター
 GMTマスター(GMT Master)は時針分針秒針24時間針の四針式、昼夜を区別する特徴的な2色又は単色の両方向回転ベゼルを有するモデルで、当時世界最大の航空会社であったパンアメリカン航空の協力を得て共同開発された。3時の位置に日付があり、サイクロプスレンズがついている。すべての製品がクロノメーター認定を受けている。初期モデルのみ5 気圧、以降現行モデルまで10気圧防水となっている。メイン時間帯を短針+文字盤、第2時間帯を24時間針+指定した時間帯に合わせてセットした回転ベゼルで同時に表示する。1983年に短針のみ1時間単位で動かす機能が追加された上位機種GMTマスターII(GMT Master II)が発売され、第3の時間帯も容易に管理できるようになった。2000年にGMTマスターは生産終了となったため、現在IがなくIIのみ存在する。回転ベゼルにより他の時間帯の時間を容易に読めるため、仕事上時差の問題を抱えることの多い国際線旅客機のパイロットやビジネスマン用のモデルといわれるが、実は航空用時計として開発されただけあり非公式ながらNASAのアポロ計画の際、一部米空軍出身の飛行士の私物として宇宙に行ったり、人類初の音速突破を果たした伝説のパイロット、チャック・イェーガー米空軍退役少将が現役当時からずっと愛用しているなど、魅力的な逸話は多い。蛇足ながら赤青ベゼルのGMTマスターを石原裕次郎が太陽にほえろ!で着用する等公私共に愛用していたのはつとに有名である。

●コスモグラフデイトナ
 コスモグラフデイトナ(Cosmograph Daytona)はクロノグラフ。これ以前コスモグラフはムーンフェイズ機能を持つモデルの名称であった。アメリカのアポロ計画の際、オメガ社のスピードマスターとNASA公認腕時計の座を争い、破れる。以前はバルジューの手巻きキャリバー72改だったが、ゼニスとモバードが共同開発したエル・プリメロ改を1988年から積み自動巻化されている。2000年には自社製自動巻キャリバーとなった。現行モデルはすべての製品がクロノメーター認定を受けている。サーキットであるディトナスピードウェイと関連すると思われるが明らかでない。

●ヨットマスター
 ヨットマスター(Yacht-Master)は回転式ベゼルを持ち、サブマリーナーのドレスアップ版としての位置づけを持つモデル。すべてのモデルに貴金属ケースや文字盤が採用されているが、防水性能は10気圧防水にとどまる。

●ミルガウス  ミルガウス(Milgauss)は1000ガウスの耐磁性能を備えたモデル。

(ウィキペディアフリー百科事典引用)



Copyright(C) 2008〜

激安!ロレックス
腕時計通販!


スポーツ系モデル
婚活/ メールレディ求人/ ハッピーメール