オイスター・アンティーク
ロレックス

オイスター・アンティーク




【オイスター・アンティーク】
●バブルバック
 自動巻の機械はローターが存在するためその草創期かなり厚さがあり、泡状に膨らんだ形状の裏蓋を使用して収納した。これをバブルバック(Bubble Back )と俗称する。1930年代から1950年代の製品。後には膨らみが小さくなったセミバブルもある。デザインが可愛いため人気がある。

●カバード
 バブルバックのベルト取り付け部をカバーしたモデルの俗称。フーデット、スカーデットとも称する。

●ターノグラフ
 ターノグラフ(Turn-O-Graph )は回転ベゼルを持ち、現在のロレックス一連のデザインの原型とも言えるモデル。

●バイスロイ
 バイスロイ(Viceroy )は特徴的なケース形状のモデル。

●プレシジョン
 プレシジョン(Precision )とは精密との意だが特に高精度の機械を搭載するわけでなく単なる手巻き。

(ウィキペディアフリー百科事典引用)



Copyright(C) 2008〜

激安!ロレックス
腕時計通販!


オイスター・アンティーク
看護師求人/ 在宅高収入アルバイト/ 婚活